障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

大動脈弁狭窄症(人工弁)で障害厚生年金3級(遡及)受給事例 東京都府中市

投稿日:2013/01/15 最終更新日:2016/12/22

60代 男性 大動脈弁狭窄症(人工弁) 東京都府中市

休み明け早々、うれしいお知らせがありました。
平成16年に大動脈弁狭窄症により人工弁の装着で、障害厚生年金3級5年遡及決定通知が届いたと依頼者さまからお電話を頂きました。

障害認定日の特例

初診日から3か月後には人工弁を装着されていたので、障害認定日の特例にあたり、人工弁装着日が障害認定日となった為遡及が可能な事案でした(人工弁装着が1年6か月より後だった場合は、事後重症の請求になってしまうので遡及ができず将来の分しか年金が受給できません)。

それだけで初回振り込み額に「ん百万」の違いが出てきてしまいます。

人工弁を装着していることだけでの請求(病状は安定していて、元気に働いていらっしゃいます)でしたので、申出書を付け現症の診断書だけで遡及請求をさせて頂きました。

5年遡及がかない、本当によかったです。ただ、時効により平成19年7月以前の分は消滅してしまいましたが。
まだまだ障害年金をご存じない方がたくさんいらっしゃると思います。

是非ご相談ください。

LINEで送る

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金の申請と受給の無料相談

このページの先頭へ