障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

足切断で障害基礎年金2級(遡及)の受給事例

投稿日:2017/02/23 最終更新日:2017/03/08

足切断(下腿)で障害基礎年金2級を受給した事例です。埼玉県朝霞市

4歳の時に交通事故で、左下腿を切断された女性です。
お電話でお問い合わせ後、ご相談に来て頂きました。

障害の給付制度はなにもないのか

実は、若い頃役所に「何か給付の制度はないですか」と聞かれたそうですが、「ない」と言われ・・・その後30年以上、障害年金を請求出来ることをご存じなかったとのこと。

足(下腿)切断で障害基礎年金2級 続きを読む

統合失調症で障害基礎年金2級の受給事例

投稿日:2017/02/11 最終更新日:2017/03/09

統合失調症で障害基礎年金2級を受給した事例です。女性 東京都足立区

お問い合わせフォームからご連絡頂き、お母さまと一緒に来所されご依頼頂きました。

幻覚や幻聴が続く

8ヵ月程前から、家族に霊が乗り移っている。世界中の人から見張られて馬鹿にされている。といった幻覚、幻聴で家中を荒らし、叫び、暴れるように。

衣服を身に付けないまま、2階の自室から外に飛び降りたり等の行動が続き、精神科を受診されていました。

統合失調症で障害基礎年金2級の受給事例 続きを読む

タグ: | カテゴリー:申請受給29年 統合失調症 |

知的障害(精神遅滞)で障害基礎年金2級の受給事例

投稿日:2017/01/28 最終更新日:2017/03/08

知的障害・精神遅滞での障害基礎年金2級受給事例です。(認定日) 東京都大田区

以前、息子さんの障害基礎年金請求をサポートさせて頂いたお母さまから、もうすぐ20歳になるもう一人の息子さんの障害年金請求についても代理をお願いしたいとのご依頼でした。

思い出して頂いてありがとうございます!

軽度の知的障害(精神遅滞)で、障害者雇用ではありますが就労されている為、障害年金の認定がされるかどうかご心配とのこと。

たしかに就労されていると、認定が難しい傾向があります。

声を大にして言いたいところではありますが、本当に少しでも仕事をしていると認定がかなり厳しいのです・・・。

お仕事内容と障害年金の審査

実は従事されているお仕事は、荷物の出し入れといった単純作業ではあります。

また、常に職員からの指示・見守りの元同じ知的障害者の方たちと共に、保護された環境での就労です。

その点をしっかり病歴・就労状況等申立書に記載しました。

しかし・・・それでも駄目なことも多いのです。

また、職場での意思疎通がどれくらい出来るかどうかも重要な要素です。

障害認定日請求をし、35日で障害基礎年金2級に決定しました。

よかった~!ほんとうに私のことを思い出して頂き、ありがとうございました!!

タグ: | カテゴリー:申請受給29年 精神遅滞・知的障害 |

拡張型心筋症(補助人工心臓)で障害厚生年金1級の受給事例

投稿日:2017/01/09 最終更新日:2017/03/08

拡張型心筋症(補助人工心臓)で障害厚生年金1級(額改定)受給事例 茨城県日立市

ちょうど同じ傷病で額改定請求のサポートをさせて頂いていたお客様と、もともと病院で同室の方でした。

拡張型心筋症(補助人工心臓)で障害厚生年金1級受給事例 続きを読む

あけましておめでとうございます!!

投稿日:2017/01/06 

あけましておめでとうございます。
平成29年も、引き続きがんばっていきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって、幸多い一年になりますように。

タグ: | カテゴリー:申請受給29年 |

お客様の声|網膜色素変性症 東京都 女性

投稿日:2016/12/20 最終更新日:2017/03/16

H様 女性 網膜色素変性症 東京都 大変嬉しいメールを頂きました!

改めましてこの度は大変お世話になり、ありがとうございました。

自身の疾患については必要以上に気に病みたくないとの気持ちがずっとあり、ある意味現実を直視するのを避けていたところがあったと思いますが、今回、社会制度的には自分は障害者のカテゴリなんだなということが良くわかりました。

それはそれとしてキチンと受けとめ、周囲に迷惑をかけないよう現実的な対処をしていかなければならないと思いますので、今後訓練等も受けて行こうと考えております。

とは言え仕事などは直ちに何か変わる訳ではありませんので、公共の福祉に感謝しつつ、これからも自分なりに出来るだけ世の中のお役に立っていきたいと考えております。

 

但田先生とのご縁には、心より感謝しております。

実は社労士の先生をお願いするにあたり、他にも何カ所か無料相談におうかがいしたのですが、但田先生のご説明が一番明確でわかりやすく、安心感がありました。

今回、先生にお願いして本当によかったと思っております。ありがとうございました。

「年金が支払われる」という結果は同じだったとしても、患者の立場としては申請事務自体が初めての事であり、シッカリとした知識やご経験からのアドバイスはやはり本当に心強く頼もしく感じられました。

また、何でも相談できそうなお優しい雰囲気も、ありがたかったです(一社会人としても、とても勉強させて頂きました)。

また何かの際には、どうぞよろしくお願い申しあげます。
ありがとうございました。

お忙しい毎日と思いますが、お体にお気をつけて今後ともご活躍ください。

伹田より
このようなお言葉を頂くと、照れくさいですが、やっぱりすごく嬉しいです!! 

新しい出会いがあったこと、微力ながらお手伝いが出来たこと、よかったなと心の底から思います。

H様、こちらこそありがとうございました。お身体に気を付けて、お仕事も頑張ってくださいね!! 

拡張型心筋症(補助人工心臓)で障害厚生年金1級の受給事例

投稿日:2016/12/06 最終更新日:2017/03/08

拡張型心筋症(補助人工心臓)障害厚生年金1級 東京都江戸川区

平成25年から障害厚生年金の請求をサポートさせて頂いており、今回3回目(審査請求を含めると4回目)の請求です。

請求の流れ

平成25年10月 裁定請求 ICD植込み (審査請求)障害厚生年金3級
平成27年11月 額改定請求 CRT-D植込み 障害厚生年金2級
平成28年05月 額改定請求(2回目) 補助人工心臓植込み 障害厚生年金1級
今回2回目の額改定請求を行い、無事障害厚生年金1級に認定されました。

請求の法改正

実は大きな法改正がありました。

以前は、障害年金を受ける権利が発生した日、または障害の程度の診査を受けた日から1年を経過しないと請求できませんでしたが、平成26年4月1日からは、1年を経過しなくても額改定請求ができる障害の中に「人工心臓を装着したもの」が入っています。

前回の額改定請求日から半年で2回めの請求をしました。この半年の差は大きいですよね。

相談事例|矯正視力の測定値と両眼の視力の和

投稿日:2016/11/21 最終更新日:2017/01/27

眼の障害についてのご相談を頂きました。

Q:幼い頃から視力が左目が0・01以下で右目は0・5か0・6です。
障害年金にあてはまりますか?
一応眼鏡かけても左目は0・01以下です。右目は0・8です。
眼鏡外すとぼやけてしかみえません。とても辛いです!

A:普段の生活、大変なものとお察し致します。
子供の頃からの傷病の場合、障害基礎年金の請求となり、2級以上の障害の程度であれば障害年金の受給が出来ます。

眼の障害での障害年金2級とは、『両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの』です。

※視力の和とは、左眼の視力と右眼の視力を足した数値です。
※裸眼ではなく、矯正視力の測定値でみます

残念ながら現時点では障害年金の認定基準には該当しないと考えます。
参考になさってください。

目の障害年金にあたるかどうかは、矯正視力の測定値で両眼の視力の和でみるというのが大事なポイントとなります。

お客さまからお手紙とお菓子を頂きました!

投稿日:2016/10/28 最終更新日:2016/12/06

タグ: | カテゴリー:申請受給28年 |

知的障害(精神遅滞)を伴う自閉症で障害基礎年金2級受給事例|東京都江東区

投稿日:2016/10/15 最終更新日:2016/12/06

知的障害(精神遅滞)を伴う自閉症 障害基礎年金2級(認定日)東京都江東区

男性が請求者です。お母さまからお電話を頂き、お祖母さまを交えて日本橋の事務所でご相談、ご依頼をお受けしました。

障害認定日の診断書

もう障害認定日(20歳)の診断書は取得されています。病歴・就労状況等申立書を書くのが難しく、手続きも大変なので、お願いしたいとのこと。

この投稿の続きを読む »

胃全摘後ダンピング症状等で障害厚生年金3級(事後重症)受給事例| 東京都台東区

投稿日:2016/10/15 最終更新日:2016/11/25

胃全摘後ダンピング症状等 障害厚生年金3級(事後重症)東京都台東区

最初にご相談を受けたのはご依頼頂く1年半程前でした。胃ガンの診断を受け、半年前に胃を全摘。

脱力感、倦怠感、めまいに加え、強いダンピング症状が出現。休職を経て職場復帰し、以前と同じ業務をしているとのことでした。

障害厚生年金とお仕事

障害年金の制度についてと、障害厚生年金の請求になるので3級の可能性はあるとお話をしたところ、その時点では、フルタイムで働けなくなった時に請求を考えるということになりました。

1年半経って、胃の全摘による消化不良に加え、勤務による疲労で休職中。職場復帰は難しい状態なので、障害年金の請求をしたい。とお電話を頂きました。

障害厚生年金を請求し、87日。障害厚生年金3級に認定されました。

手術後の後遺症

手術後の後遺症で、就労や日常生活に相当の制限がかかる場合、障害年金に該当する可能性があります。厚生年金は3級があり、“労働に著しい障害がある”場合、受給ができます。ご相談ください。

平成28年10月15日

変形性股関節症で障害厚生年金3級の受給事例

投稿日:2016/10/08 最終更新日:2017/03/11

変形性股関節症で障害厚生年金3級の受給事例 (事後重症)東京都江戸川区 女性

人工股関節に置換されている方です。
股関節の痛みが出始め、受診されたのは20年程前(障害厚生年金加入時)でした。

変形性股関節症で障害厚生年金3級受給事例 続きを読む

タグ: | カテゴリー:申請受給28年 人工関節・人工骨頭 |

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金申請の無料相談と受給事例

このページの先頭へ