障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

双極性障害で障害厚生年金2級(認定日)3級(事後重症)で受給!! 京都府

投稿日:2015/09/28 最終更新日:2016/09/09

双極性障害 京都府

ご相談・ご依頼を頂いたのは平成24年1月でした。3年以上前です。休職中で、初診日は厚生年金加入時です。

初診日

初診当時はうつ病の診断。(同じクリニックで)半年後に双極性障害と診断されたとのこと。うつ病での初診からは1年3カ月経過しており、障害認定日を待って請求をすることに。
主治医に診断書をお願いしたところ、うつ病は関係なく、双極性障害と診断したところが初診となる=まだ1年6カ月経っていない。だから、まだ診断書は書けない・・・というものでした。

その頃ちょうど、復職を検討している時期でもあった為、少し時期を待つことに。
昨年(平成26年)退職、関西の実家に戻られて、連絡を頂きました。そこから、請求に向けての準備再スタートです。

診断書

前述のように、障害認定日時点の診断書の初診は、双極性障害初診の日でそのまま書いて頂きました。加えて同じクリニックでうつ病の受診状況等証明書を書いて頂きました。

また、診断書に、「20歳の頃精神科受診あり」との記述がありました。ご本人に確認、その後5年近く問題はなかったこと・受診はされていないことを、申立書に記載しました。

やはり、審査途中で、20歳頃の精神科受診についての照会があり、追加書類提出。

請求結果

結果、請求通りの初診日で、障害厚生年金2級(認定日)、3級(請求時)で認定されました。等級についても、納得のいくものでした。

3年前に請求していたとしたら、在職中だったこともあり、障害認定日で3級に該当するかしないかだったと思います。時間はかかりましたが、結果として一番いい結果になったのではないでしょうか。
平成27年9月

うつ病で障害厚生年金3級の受給事例(事後重症)|東京都葛飾区

投稿日:2015/09/24 最終更新日:2017/04/07

うつ病 障害厚生年金3級の受給 東京都葛飾区 女性

初診は6年程前とのこと、厚生年金加入中です。
しかし、3年程前から会社を休みがちになり、長期病欠休職を経て、1年前に退職。

遡及請求

ずっと同じクリニックで受診されていました。遡及請求をするべく医師に診断書を依頼しましたが、取得した診断書には、8年前に不眠症で暫く受診されていたとあります

ご本人に確認したところ1年位で改善し、その後1年位は問題なく過ごしてきたので、初診は「うつ病」の症状が出た6年前で請求したいと。

8年前が初診になると、障害認定日頃はちょうど症状が改善し、元気にお仕事をされていた時期(受診もされていない)でした。

お気持ちはよくわかります。
ご本人は、どうしても「うつ病」初診で、遡及請求を試みたいというご意向でしたので、2種類の書類を作成し、一緒に提出しました。

事後重症と遡及請求

6年前を初診としての遡及請求と、予備として8年前を初診としての事後重症請求です。

6年前を初診として認めてほしい、ただ8年前が初診と認定された場合は、それを受け入れる旨の申立書も添付しました。

結果はやはり8年前を初診としての事後重症で障害厚生年金3級で決定しました。
やるだけのことはやっての結果ですので、ご本人にも納得して頂けました。これが大切ですね。

精神の障害と傷病名

精神の障害で、診断された傷病名が違っても、治療が継続している場合や、期間が空いていてもその期間が短い(4、5年に満たない)場合は、最初の傷病での初診が障害年金の初診とされます。

平成27年9月

タグ: | カテゴリー:申請受給27年 うつ病 |

脳出血で障害厚生年金請求2級|受給事例

投稿日:2015/09/23 最終更新日:2017/03/06

脳出血で障害厚生年金請求2級 埼玉県草加市

息子さんからのご依頼でした。発症されたのは1年程前で、左半身に麻痺が残っており、今はご自宅で療養中とのこと。

初診日

初診日は障害厚生年金。
ご相談時は、お知りあいの方が以前、同じような傷病で障害年金を請求したが、ダメだったということで、そもそも障害年金が受給できるのかご不安だったようです。

状況をお聞きしたところ、十分該当すると考え、サポートを開始いたしました。

症状固定

発症から1年3カ月時点で、症状固定と診断され、障害厚生年金を請求。
請求から97日で、障害厚生年金2級に認定されました。

ご依頼者さまには本当にとても喜んで頂けて、私もうれしくなりました。

タグ: | カテゴリー:脳疾患 申請受給27年 |

糖尿病・慢性腎炎・IgA腎症で人工透析となる場合の特徴

投稿日:2015/09/22 最終更新日:2017/03/17

すっかり秋めいてきましたね。
振り返ってみると、今年は猛暑の時期が短かったような。。。

当事務所では、人工透析での障害年金請求をご依頼頂く方が多いと感じます。
慢性腎不全となる原因の傷病、糖尿病・慢性腎炎・IgA腎症など、長い期間をかけて徐々に腎機能が悪化していく為、初診日が何十年も遡るといったことも少なくありません。

病歴・就労状況等申立書が3枚に渡ることも!!

現在まで、慢性腎不全で障害年金を代理請求をしたご依頼者さまは、皆様無事認定されております。
是非、ご相談ください!!

うつ病で障害厚生年金2級の受給事例(事後重症)性同一障害|東京都杉並区

投稿日:2015/09/02 最終更新日:2017/04/07

うつ病 障害厚生年金2級受給 東京都杉並区 性別違和(性同一性障害)の女性でした。

心は女性ですので、女性とさせて頂きます。

性同一性障害と障害年金

販売のお仕事で就職をされたのですが、身長が高い為女性の容姿であっても目立ってしまい、人から変な目で見られたり、からかわれたりしたそうです。
徐々にうつ症状、胃腸症状が出るようになり、うつ病を発症されました。

子供の頃からの申立書

初診日は、厚生年金加入時でしたので、障害厚生年金を請求。
途中、照会で、小学5年生時に性別違和を自覚されてからの申立書と、受診状況等証明書の追加提出を求められました。

初診日に関する申立書を添えて提出、審査の結果を待ちました。

無事、請求通りの初診日で、障害厚生年金2級(事後重症)に認定されました。
照会が入ったので、請求から決定までは少し時間がかかり、103日でした。

審査請求も視野にいれていたのですが、裁定請求で認められ、ホッとしました。

平成27年8月25日

タグ: | カテゴリー:申請受給27年 うつ病 |

脳出血で障害厚生年金2級|受給事例

投稿日:2015/09/02 最終更新日:2017/03/06

脳出血で障害厚生年金2級 神奈川県横浜市

息子さんからのご相談、ご依頼でした。

脳出血・左半身が麻痺

脳出血で、左半身が麻痺しており、現在リハビリ中とのこと。

発症されたのは4ヶ月程前でしたので、障害認定日の特例(初診日から6ヶ月経過後の症状固定日)に至っていない時期でしたが、事前にご依頼を頂きました。

医師の症状固定の診断を待って請求できるよう、準備を進め、初診日から8ヶ月後での症状固定として障害認定日請求をいたしました。

請求したのは発症から1年3ヶ月です。

症状固定

請求から73日で、無事、障害厚生年金2級に認定されました。

ただ、障害認定日が「症状固定日」ではなく、「診断書の現症日」となっていました(2ヶ月程後)。

年金事務所経由で、審査部に理由を聞いたところ、症状固定日とされた日では認定日と認められず、診断書の現症日であれば認めるとのこと。
それも、特に返戻もなく決定されたというケースでした。

傷病手当金の受給期間

今回は、その2ヶ月分も受給されたとしても、傷病手当金の受給期間と重なる為、健保組合に返却が必要でした。
依頼者さまに不利益はない為、不服を申し立てることはしませんでした。

この辺りのバランスも難しいところです。

ご依頼者さまにも喜んで頂けました。
ありがとうございます。

タグ: | カテゴリー:脳疾患 申請受給27年 |

統合失調症で障害基礎年金2級(5年遡及)受給!! 女性 東京都墨田区

投稿日:2015/08/25 最終更新日:2016/08/19

統合失調症 東京都墨田区 女性

ご主人からのご相談、ご依頼でした。
隣人から嫌がらせを受けているという妄想が強い。
殆どの家事はご主人がやっている。受診もひとりでは困難。

統合失調症で障害基礎年金2級(5年遡及)受給 続きを読む

タグ: | カテゴリー:申請受給27年 統合失調症 |

心疾患 心サルコイドーシス(ICD植込み)障害厚生年金3級 東京都江東区

投稿日:2015/08/05 最終更新日:2016/12/22

心サルコイドーシス 東京都江東区

心肺停止状態・ICDと障害認定日の特例

初診から5カ月後に、会社で心肺停止状態で倒れ、ICD植込みをされました。
初診時もその前もずっと厚生年金に加入されており、納付要件は問題ナシ。

障害認定日の特例にあたりますので、ICD植込みをされた日が障害認定日となります。

もちろん遡及請求をしますが、障害認定日時点も現在も3級認定になるだろうと判断し、現在の診断書1枚のみをお願いしました。ところが、受け取った時には既に診断書の現症日から3カ月を少し経過していました。このペースだと、訂正にも時間がかかるでしょう。。。

現症でも除細動器装着に該当することのみ審査を希望する申出書

請求時に「現症でも除細動器装着に該当することのみ審査を希望する申出書」を作り、一緒に提出し、受け付けてもらいました。

無事、返戻されることなく、障害厚生年金3級に決定しました。ふぅ~。

平成27年7月15日

タグ: | カテゴリー:申請受給27年 心疾患の受給事例 |

うつ病で障害厚生年金2級の受給事例(認定日3級)|神奈川県横浜市

投稿日:2015/06/16 最終更新日:2017/04/07

うつ病 障害厚生年金2級受給 神奈川県横浜市

メールでご相談を受け、面談に来て頂きました。
厚生年金加入時に初診があり、現在はお仕事はされていません。不眠・意欲減退により、昼間も横になっていることが多い状態。
ご自分での手続きは無理だということで、代行のご依頼を頂きました。

診断書からの判断と等級

初診から現在まで、転院はされていなかったので、現在のクリニックに障害認定日の診断書と現在の診断書をお願いしました。
診断書では、障害認定日3級、現在2級ではないかという印象です。

請求後63日で決定。
当初は、障害認定日3級、現在も3級でしたが、3週間程待ってもう一度確認したところ、現在は2級に変更されておりました。

こういうこと時々あります。

以前同じようなケースで、額改定請求を出そうとしたら、その直前に変更になっていたことがありました。

なので、すこーし待ってみましょう。吉報は寝て待て!

平成27年6月5日

タグ: | カテゴリー:申請受給27年 うつ病 |

網膜色素変性症で障害基礎年金2級(5年遡及)受給!! 千葉県白井市

投稿日:2015/06/05 最終更新日:2016/12/13

網膜色素変性症 20歳前傷病 千葉県白井市

相談時には、既に診断書を取得されていました。3枚も!!

診断書の取得

初診時1枚・障害認定日1枚・現在1枚 全て同じ病院です。
初診時は不要ですよね。必要だとしたら、受診状況等証明書です。それも、診断書作成医療機関と同一で、初診日欄が診療録で確認で○になっている場合は省略できます。診断書3枚は、市役所に指示されたそうです・・・。

役所の方にも、無駄な診断書代がかかることを考えて頂きたいなぁと思います。

診断書の内容

診断書の内容はというと、必要事項が書いてありません。このまま提出されたら、認定に至らなかったと思います。
必要事項を書いて頂くことと、(診断書に記載できないのであれば)検査票の添付をお願いし、書類を整え請求しました。

請求後、照会が3回。請求から決定まで期間もかかりました。。。

結果は障害基礎年金2級(5年遡及)で認定。
照会で初診日がずれることになったはずなのに、当初請求した時の初診日が認定されている等、腑に落ちない点もあったのですが、うれしい結果に終わったので、良しとしましょう。

平成27年5月25日

脳梗塞で障害厚生年金2級|受給事例

投稿日:2015/05/29 最終更新日:2017/03/06

脳梗塞で障害厚生年金2級 神奈川県横浜市

うつ病で休職されている間に、脳梗塞を発症され、右半身に障害を負われました。

発症・初診日は1年7カ月程前でした。障害年金が受給できるかどうかご不安をお持ちのようでしたが、十分認定基準に該当する状況でした。

障害認定日から1年を経過しておりませんでしたので、障害認定日時点の診断書を1枚提出し、障害厚生年金2級に決定しました。
今回、肢体の診断書です。

傷病手当金と障害年金

うつ病での休職で、健康保険の傷病手当金を受給されておりましたが、支給開始後1年6カ月をとっくに超えていた為、現在は受給されておりませんでした。

傷病が違うので、脳梗塞で傷病手当金を申請できることもお話をしました。
傷病手当金は時効が2年ですので、ご相談に来て頂くのが何カ月か遅かったら、時効にかかってしまう分が出たかもしれませんね。

[発症から1年6カ月まで=傷病手当金] [1年7カ月目から=障害年金] と、重なる部分も切れ間もなく、無駄のない結果になりました。

タグ: | カテゴリー:脳疾患 申請受給27年 |

ベッカー型筋ジストロフィーで障害厚生年金2級(認定日3級)受給!! 東京都江戸川区

投稿日:2015/05/29 最終更新日:2016/11/15

ベッカー型筋ジストロフィー  東京都江戸川区

子供の頃から運動は苦手で、脚がつることもよくあったとのこと。特に問題はなく日常生活を過ごされており、具体的な症状(走ると脚がもつれたり、膝が崩れて転倒したり)が出たのは3年程前。

受診し、ベッカー型筋ジストロフィーであることが判明。徐々に進行し、現在は、日常生活の動作にかなりご不便がおありです。

障害手当金と障害厚生年金

初診日は厚生年金加入時であった為、障害厚生年金の請求(遡及)をしました。肢体の診断書です。
結果は、障害認定日時点は障害手当金相当(治っていない為、3級14号と認定)、障害年金の請求時点では2級と認定されました。

障害年金2級と3級

ほんとうに複雑な制度です・・・。

年金証書が届いた時点では、請求時点の2級は決定されておらず、年金事務所で確認しても、3級14号のまま。

2週間程待って、もう一度確認したところ、2級に決定されておりました。

ご自身は2級になるとは思ってらっしゃらなかったので、とても(いい意味で)驚かれました。
いい結果で本当によかったです。

平成27年5月

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金申請の無料相談と受給事例

このページの先頭へ