障害年金申請受給の無料相談|東京都

年末ですね

投稿日:2011/12/28 最終更新日:2017/01/20

今日が仕事納めの方が多いのではないでしょうか?

久しぶりの日記となりました。12月は、なんだかんだと忙しいですね。

最近では、26日に、パーキンソン病の疑いがあると診断された方のご相談を日本橋でお受けしました。まだ、顕著な症状はないとのことでしたので、すぐに障害年金請求とはなりませんが、退職後どのようにしたらいいか等のご相談でした。

この投稿の続きを読む »

タグ: | カテゴリー:申請受給23年 |

障害年金請求時に必要な書類

投稿日:2011/12/14 最終更新日:2016/11/18

障害年金を請求する際には、通常、以下の書類が必要です。(障害の種類や、状況によっては、他にも必要となる場合がありますので、大体の例示になります)特に1.2.3は、障害年金の受給を得るために、とても重要な書類です。

  1. 受診状況等証明書(初診日の証明)
  2. 診断書
  3. 病歴・就労状況申立書
  4. 裁定請求書
  5. 戸籍謄本、住民票、所得証明など

タグ: | カテゴリー:申請受給23年 |

黄班変性症から視力低下(障害年金の診断書作成のお願い)

投稿日:2011/12/07 最終更新日:2017/01/20

黄班変性症から視力が低下された方の請求でした。

黄班変性症で診断書の依頼

今回は、ご依頼頂いてから1ヵ月程で、請求することができました。

ご家族(旦那様)がとても協力的で、スムーズに進み、本当に感謝しております。ありがとうございました。

当事務所では、2ヵ月以内の請求を目指しています。ただ、受診状況等証明書や診断書はお医者さまに書いて頂くものなので、時間がかかる場合も多々あります。

この投稿の続きを読む »

タグ: | カテゴリー:申請受給23年 聴覚障害の受給事例 |

出張相談@府中

投稿日:2011/12/02 最終更新日:2014/05/18

昨日も今日も、寒いですね~。
きのうはご予約を頂き、府中で出張相談でした。(面談は、日本橋に来て頂くことが多いのですが、来所が困難な場合はこちらからお伺いしています。)
肢体の障害で、障害者手帳は何年も前に申請されてお持ちなのですが、障害年金は請求されてなかったとのこと。お力になれるよう、がんばります!!

走り続ける12月です!!

タグ: | カテゴリー:申請受給23年 |

当事務所の傷病別の申請状況

投稿日:2011/11/30 最終更新日:2017/02/09

障害年金の相談をお受けした内容を、障害の種類別におおざっぱにグラフ化しました。

精神の障害の方からのご相談が多いですが、いろいろな障害のご相談を頂きました。

傷病、障害名としては、
うつ病 統合失調症 てんかん 糖尿病性腎症 脳梗塞 肝ガン 動脈弁閉鎖不全症 網膜脈絡膜萎縮症 糖尿病 多発性硬化症 Iga腎症(人工透析) 難聴 … などのご相談をお受けいたしました。

引き続き、みなさまのお役にたてるようがんばります。

タグ: | カテゴリー:法改正やお知らせ 申請受給23年 |

人工透析の認定日と初診日の間違い

投稿日:2011/11/29 最終更新日:2017/01/20

夕方から日本橋にて人工透析をされている方からのご相談をお受けしました。

IgA腎症から人工透析という経過です。
そこで頂いたご質問です。

認定日

「まだ透析を初めて3ヵ月しか経ってないので、障害年金は請求できませんよね?」というものでした。

これは『障害認定日の特例』のよくある間違いです。

初診日から1年6ヵ月以内に人工透析を開始した場合はそのとおりですが、初診日から1年6ヵ月経過した後で、透析を開始した場合すぐに請求できます。

透析からではなく初診日から見る

事後重症で、請求した日の翌月から受給可能となるのです。

1日も早く請求しましょう!!

タグ: | カテゴリー:申請受給23年 人工透析の審査基準 |

不服申立て(審査請求)のご相談

投稿日:2011/11/24 最終更新日:2017/01/20

新規での障害年金請求についてのご相談の他に「自分で請求したんだけど、不支給の通知がきてしまったので、専門家に頼みたい。」という、不服申立て(審査請求)をしたいという方からのご相談も多いです。

最初に提出された診断書や申立書の写しを拝見すると、正直これでは認定はむずかしい...という内容も多く、請求をされる前にご相談・代行依頼をしていただけたなら!! と思ってしまいます。

障害年金申請は、一発勝負と考え最良の書類を出しましょう。

認定基準

結局、痛い苦しい、経済的に困っているという内容ではなく、現実的に障害の状態がどうなのかを客観的に記載することです。

本人、ご家族にとってはそれがいかに大変なことか、わかったうえであえて書きます。

認定基準に痛いとか苦しいという基準がないからなのです。

これがいいかどうかなど現状で言っていても認定はされません。

認定基準にてらしあわせて、それにそった書類を作成していく。

基本的なことですが、それが一番大事なことです。

 

年金時効特例法と障害年金の関係

投稿日:2011/11/14 最終更新日:2017/01/20

年金証書が届いた方から年金時効特例法のご相談でした。(当事務所で代行したお客さまではないのですが、たまたまHPを見てお問い合わせされたようです。)

時効消滅

ご質問内容
障害年金の年金証書に「年金時効特例法に該当する場合を除き平成18年5月以前の年金は、時効消滅によりお支払いはありません。」とあるのですが、どうしてもそれ以前は貰えないのでしょうか?

消えた年金問題と特例法

年金時効特例法というのは、老齢年金だけではなく、障害年金にも適用されます。

ただ、特例法が適用されるのは、年金記録の管理に問題があり消えてしまっていた年金加入期間が、新たに発見された場合などです。
何年か前に世間を騒がせましたね。

遡及は5年間まで

管理に問題がなく、単に障害年金の請求が遅れた為に時効になってしまった場合は、時効特例法は適用されないのです・・・つまり、請求できるのは5年遡及が限度です。

つまり、仮に何十年もらえたとしても、最大5年間までしかもらえません。

早めの申請を

要するに、障害年金はだんだん時効で消えていくだけです!障害年金は早めに申請しましょう!!

タグ: | カテゴリー:法改正やお知らせ 申請受給23年 |

視野狭窄日本橋でご面談

投稿日:2011/11/11 最終更新日:2017/01/20

今日は、障害年金の請求をお考えのお客様に、日本橋に来ていただき、面談でした。

視野狭窄」でのご相談を受けました。実は数日前にも、傷病名は違いますが、眼の障害でのご依頼をお受けしたところです。

精いっぱいサポートさせていただきます。

視野狭窄で2級の基準

視野狭窄で2級認定される場合、視野が「両眼とも5度以内」であることが必要です。

視野計測には、中心視野についてはⅠ/ 2指標を、周辺視野については、Ⅰ/4指標を用いることとなっています。
診断書の作成を依頼する時には、お医者様への説明が必要ですね。

タグ: | カテゴリー:申請受給23年 |

年金の納付要件に注意

投稿日:2011/11/09 最終更新日:2017/01/20

昨日、ご依頼頂いたお客様の年金の納付状況を調べに年金事務所に行ってまいりました。
整備の必要はあったものの、問題なくホッとしています。

年金の未納期間

「一般的に納付は問題ないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、実は未納期間がある方が多いのです。

特に初診日(初めてお医者さまに行った日)が何年も前の場合、それ以前に年金を納めていたかどうか明確に覚えていないということもあります。

転職が多い場合、厚生年金とのあいだの国民年金期間に納めていない場合も多くあります。

学生の頃は納めていなかったとか(学生は納付の猶予がありますが、届出をしていなければ未納扱いとなります)。

追納は認められません

後になって納めても絶対に認められないのです。残念ながら、初診日の前日に納付要件を満たしていない場合手段はありません・・・。

年金の滞納等の問題もありますが、できるだけ納めるようにしてくださいね。生活が苦しい場合は、免除の制度もあります。
何かあった時の保険です。

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 TEL:03-6661-7563

障害年金申請の無料相談と受給事例

このページの先頭へ