障害年金申請受給の無料相談|東京都

糖尿病で障害厚生年金1級受給(事後重症) 神奈川県横浜市

投稿日:2016/07/31 最終更新日:2016/12/14

糖尿病 障害厚生年金1級(事後重症 慢性腎不全・左下腿切断)神奈川県横浜市

仕事をしていても受給できます

お問い合わせフォームからのご相談は以下のようなものでした。
平成21年1月より人工透析を導入。就労中は障害年金の受給ができないと思い込んでいて申請していませんでした。

昨年11月下肢切断に伴い所属先が変更になりかなりの減給となってしまい困っていたところ、こちらのサイトを見つけ過去の請求例を拝見させていただき、自分にも可能なのではと思い連絡致しました。

併合して1級

糖尿病の合併症で慢性腎不全となり人工透析(2級)。更に左下腿切断(2級)とのことですので、併合して1級の障害状態です。
お仕事をされていると、障害年金は貰えないと思っていらっしゃる方は未だ多くいらっしゃるようです。

初診日の証明が出来れば、障害の等級は診断書を2枚出せれば問題なく認められます。
ご相談時点でお聞きした初診日は、10年程前とのことでした。

受診状況等証明書を取得したところ、更に5年ほど前の受診投薬歴が書かれており、もう一度記憶と記録の整理をし直しです。

カルテ破棄

初診の病院はわかりましたが、カルテ廃棄により、受診状況等証明書は取れませんでしたが、受診状況等証明書に添付されていた紹介状の内容が具体的かつ詳細でしたので、十分証明できると判断いたしました(初診日認定の緩和後でしたし)。

請求から94日、障害厚生年金1級に認定されました。
就労中は障害年金が貰えないと思い込み、請求が遅くなってしまったのが、悔やまれますね。

慢性腎不全(人工透析)で障害厚生年金2級(事後重症)受給事例 東京都墨田区

投稿日:2016/07/04 最終更新日:2016/12/14

ご相談者と傷病名

慢性腎不全(人工透析) 障害厚生年金2級(事後重症) 東京都墨田区

お問い合わせフォームからご相談、日本橋の事務所に面談に来て頂きました。

病歴が長い場合

実は、1年程前に、ご自分で年金事務所で相談され、請求の準備をされていたのです。

しかし、病歴が20年以上と長く、受診状況等証明書は取ったものの、これでいいのかもわからない。この後どうしたらいいのか。

年金事務所へ行くのも面倒。ということで、時間だけが過ぎていったとのこと。

事後重症と受給の関係

事後重症請求ですので、請求が遅くなれば遅くなるほど「受給が遅くなる」=「結果的に貰える年金が減る」となります。

必要書類を揃えるのに少し時間はかかりましたが、請求にこぎつけました。
請求から決定まで、87日。平均的な日数ですね。

障害年金を自分で請求しようと準備をしているが、なかなか進まない という理由で代理をご依頼頂くことも多いです。
よろしければご相談ください。

タグ: | カテゴリー:申請受給28年 人工透析の受給事例 |

慢性腎不全で障害基礎年金2級受給事例 支給停止解除!! 東京都江戸川区

投稿日:2016/06/14 最終更新日:2016/12/14

慢性腎不全 障害基礎年金2級 支給停止解除 東京都江戸川区

お問い合わせフォームからご相談頂きました。

障害年金の支給停止

18年前頃に人工透析を導入され、障害基礎年金2級を受給。透析開始から10年後に臓器移植をし、体調が安定。そのため1年後に障害基礎年金は支給停止になったそうです。

支給停止消滅届

徐々に腎機能が低下。昨年、ご自身で支給停止事由消滅届を提出されたのですが、解除されず。さらに腎機能が悪化された為、もう一度支給停止事由消滅届を提出するにあたり、前回のように失敗したくないので専門家にお願いしたいということでした。

お話を伺うと、クレアチニン値は6.5位。まだ人工透析導入はしていないが、主治医から「そろそろ人工透析導入になるかも」と言われている。
他で相談したら、人工透析を開始してからの届出を勧められたとのこと。

どこの時点での請求か

確かに、人工透析を開始すれば確実でしょう。
ただ、十分障害認定基準2級に該当されていると判断し、すぐに支給停止事由消滅届を提出することにいたしました。人工透析を開始するまでの数カ月間、もったいないですよね。

無事、診断書現症日付を消滅の事由に該当する日として届出。支給停止が解除となりました。

こういうタイミングは知恵を絞って考えます(笑 受給できてよかった~!

タグ: | カテゴリー:申請受給28年 人工透析の受給事例 |

慢性腎不全(人工透析)で障害基礎年金2級(事後重症)受給事例 共済年金と調整

投稿日:2016/04/05 最終更新日:2016/12/14

慢性腎不全(人工透析) 障害基礎年金2級(事後重症) 20歳前傷病 埼玉県川口市

お問い合わせフォームからご連絡を頂き、その後日本橋の事務所に来て頂きました。

学生の頃からの治療歴

19歳学生の頃の健康診断で腎機能の低下を指摘され、ネフローゼ症候群と診断されたとのこと。その後ずっと、治療をされていました。
人工透析を開始されたのは、平成13年4月です。

法改正により申請できる状態に

以前共済組合に障害年金のご相談をされたそうですが、在職中で貰えないと言われ、請求はされていませんでした。
平成27年10月に共済年金と厚生年金との被用者年金が一元化されたことが、今回のご相談のきっかけでした。

20歳前基礎年金はストップしません

まず、初診日が19歳で学生の頃ですので、障害基礎年金の20歳前傷病。

被用者年金一元化前でも、在職中だからといって、支給が停止されることはなかったのです。人工透析が原則3級から2級認定に変更になったのは、平成14年4月。10年以上も貰えるはずの障害年金を貰っていなかったことになります。

間違った説明をされて請求していないということもよくあるのです。。ご本人がお気のどくです。もったいない。。。。

初診日が平成7年とかなり前でしたので、初診日の証明もかなり骨が折れましたが、無事障害基礎年金2級に認定されました。
請求から決定まで52日でした。

タグ: | カテゴリー:申請受給28年 人工透析の受給事例 |

IgA腎症(人工透析)で障害厚生年金2級(事後重症)受給事例 千葉県佐倉市

投稿日:2016/02/04 最終更新日:2016/12/14

IgA腎症(人工透析) 障害厚生年金2級(事後重症) 千葉県佐倉市

お電話を頂き、その後日本橋の事務所にご相談に来て頂きました。
ずっと、IgA腎症で治療をされていましたが、慢性腎不全に至り、2か月程前から人工透析を始められたとのこと。

就職されてから現在も、転職をされていないので、初診日がどこになってもとりあえず納付要件は大丈夫です。

初診日と人間ドック

初診日は20年以上前。人間ドックで異常があり、その当時お住まいだった地方の大学病院を受診。その後転勤で関東に転居されています。初診の病院にはカルテはなし。

カルテが保存されていた

幸いなことに、次院に長く通院されていた為、カルテが残っており受診状況等証明書を書いて頂けました。

また、初診の病院からの紹介状の写しもあったので、初診の証明の準備は当初の予想よりもスムーズに進み、ご相談を受けてから1ヵ月程で請求することができました。

請求から決定まで62日。
障害厚生年金2級(事後重症)に認定されました。

タグ: | カテゴリー:申請受給28年 人工透析の受給事例 |

慢性腎不全(人工透析)で障害厚生年金2級(事後重症)受給事例 埼玉県朝霞市

投稿日:2016/01/23 最終更新日:2016/12/14

慢性腎不全人工透析)障害厚生年金2級(事後重症) 埼玉県朝霞市

問い合わせフォームからご連絡を頂き、日本橋の事務所でご相談、ご依頼を頂きました。
3か月程前から人工透析(血液透析)を開始されたとのことでした。

カルテがない

初診は、平成10年です。会社の健康診断の結果、腎臓の数値が悪く受診されていました。

しかし、最初から4つ目の病院までカルテは残っておらず、5つ目の病院でやっと受診状況等証明書を書いて頂けました。

健康診断の記録や診察券

幸い、翌年の健康診断の結果や受診日付のある昔の診察券など、裏付けとなる物がいくつかありましたので、何とか初診は証明できると判断しました。
※平成27年10月の初診日認定の緩和前の請求です。

受診状況等証明書が添付できない申立書を4通作り、障害厚生年金を請求(事後重症)。
請求から76日で障害厚生年金2級に決定いたしました。

ご依頼者さまには、とても喜んで頂けて、私もうれしかったです。

タグ: | カテゴリー:申請受給28年 人工透析の受給事例 |

慢性腎不全(人工透析)で障害厚生年金2級(事後重症)受給事例 東京都港区

投稿日:2015/11/07 最終更新日:2016/12/14

慢性腎不全(人工透析)

東京都港区 日本橋の事務所でご相談をお受けし、ご依頼頂きました。 4年前の大動脈解離の手術後に循環器科で腎機能の低下を指摘され、2カ月程前から人工透析をされてます。

受診状況等証明書の取り直し

既に、受診状況等証明書や診断書も取得済みだったのですが、受診状況等証明書の初診日が問題でした。
腎臓内科の初診日では、会社を辞めた後ですので、国民年金加入中です。

腎機能の低下を指摘されたのは、循環器科。その時は厚生年金加入中でしたので、まずは初診の証明を取り直すことにしました。

事後重症請求は請求した翌月分からの受給ですので早く請求したいところですが、障害年金基礎年金と障害厚生年金では、受給額が2倍位違いますので少し待つことに。

障害厚生年金2級決定

循環器科で、腎機能の低下を指摘された日を初診日として障害厚生年金を請求いたしました。請求から69日目、無事、障害厚生年金2級で認められました。

タグ: | カテゴリー:申請受給27年 人工透析の受給事例 |

慢性腎臓病(人工透析)で障害厚生年金2級(事後重症)受給事例 東京都大田区

投稿日:2015/10/30 最終更新日:2016/12/14

慢性腎臓病(人工透析)東京都大田区

お問い合わせフォームからご連絡を頂き、日本橋の事務所でご相談、ご依頼となりました。
5年程前が初診、近々腹膜透析を開始されるとのこと。初診は厚生年金加入中です。

受診状況等証明書の取り直し

受診状況等証明書を取得したところ前医があり、更に初診が5年程遡ることに。⇒受診状況等証明書の取り直しです。
※ご本人もお忘れになっていることは結構あります。

カルテが残っており、無事、10年前の受診状況等証明書を取得することができました。

事後重症で請求し、52日目に障害厚生年金2級に認定されました。
厚生年金の審査期間、短くなってきたような気がします。

透析前に、障害年金請求の準備を

人工透析を予定されている方は、透析開始前に障害年金請求の準備を始めることをお勧めします!!

タグ: | カテゴリー:申請受給27年 人工透析の受給事例 |

慢性腎不全(人工透析)で障害厚生年金2級(事後重症)受給!! 東京都世田谷区

投稿日:2014/12/19 最終更新日:2016/12/14

慢性腎不全(人工透析) 東京都世田谷区

初診は平成17年、人工透析開始は平成20年6月です。
在職中だった為、障害年金が貰えるとは思わなかったとのこと。

少なくとも人工透析を開始された平成20年6月には、障害年金を請求できる状態であったはずですが、もったいないですね。。。

事後重症請求をし、70日で障害厚生年金2級が決定しました。

人工透析を受けていらっしゃる方は、就労されていても障害年金2級に認定されます。
ご相談ください。

タグ: | カテゴリー:申請受給26年 人工透析の受給事例 |

慢性腎不全(人工透析)で障害厚生年金2級(事後重症)受給事例 東京都三鷹市

投稿日:2014/04/03 最終更新日:2016/12/14

40代 男性 慢性腎不全(人工透析) 東京都三鷹市

糖尿病が原因で、人工透析を始められた方です。
初診日の証明は苦労しました。カルテは残っておらず、受診録から残っている日付(最終来院日など)だけでも証明もできないと断られ、ご本人に何か残っていないか探して頂きました。

領収書数枚と継続療養証明書

通院していた時の領収書数枚と継続療養証明書が見つかり、何とか請求にこぎつけました。

初診日が認められ、無事障害厚生年金2級に認定されました。

ご依頼から請求まで、期間がかかってしまいましたが、よい結果となってよかったです。

タグ: | カテゴリー:申請受給26年 人工透析の受給事例 |

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 TEL:03-6661-7563

障害年金申請の無料相談と受給事例

このページの先頭へ