障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

慢性糸球体腎炎(慢性腎炎)で障害年金の受給資格

投稿日:2016/11/13 最終更新日:2017/03/17

慢性糸球体腎炎

慢性糸球体腎炎とは、単一の腎疾患の名前ではありません。

IgA腎症、膜性腎症、膜性増殖性糸球体腎炎など様々な病気で腎疾患の総称として使われています。

症状として血尿、蛋白尿などがあり、その状態が長期間持続する状態ですが、そのほか高血圧、めまい、むくみ、頭痛、肩こり、倦怠感などの症状が現れることがあります。
基本的には食事と薬によって治療していきますが、症状がひどくなった場合、人工透析治療が必要になります。

人工透析を実施した場合

人工透析を実施した場合、障害等級2級に認定される可能性があります。

また、日常生活の状況や症状から上位の1級などの等級に認定されることもありえます。

注意点として、他の原因での透析治療でも同じですが、初診日から1年6ヶ月経っていなくても、人工透析療法を受け始めた日から3ヶ月経過すれば障害認定を受けることができます。

LINEで送る

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金の申請と受給の無料相談

このページの先頭へ