障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

間質性肺炎の受給資格

投稿日:2011/10/08 最終更新日:2016/12/22

間質性肺炎は次の二通りがあります。

特発性間質性肺炎

膠原病などを原因とする間質性肺炎

膠原病などを原因とする間質性肺炎の場合、初めて医師の診断を受けた日が初診日となります。

24時間の在宅酸素療法

症状が重くなると、24時間の在宅酸素療法に頼らなければならなくなりますが、この場合、障害年金3級に認定されます。

審査の基準

審査で大事なのは、実際の検査成績、日常生活に受ける制限、咳や痰などの自覚症状、他覚所見などのさまざまな状態を見て判定します。

つまり、在宅酸素の有無にかかわらず、一定の障害がある場合は3級に認定されます。また、状態が悪ければ2級や1級に認定されることもあります。在宅酸素をしていなくても認定される可能性はあります。

審査では「動脈血ガス分析値」「予測肺活量1秒率」が重要視されます。

こちらの記入には注意が必要です。

LINEで送る

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金の申請と受給の無料相談

このページの先頭へ