障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

障害年金の種類(障害基礎年金や障害厚生年金)

投稿日:2011/08/01 最終更新日:2017/03/08

障害年金は、障害の原因となった病気やけがについて、初診日( 初めて医師や歯科医師等の診察を受けた日 ) に、どの年金制度に加入していたかによって、申請できる年金が違います。

障害基礎年金(障害国民年金)

一般的に基礎年金と言われます。

  1. 初診日において、自営業者や専業主婦、学生等が加入する国民年金であった場合
  2. 年金に未加入であった20歳前の病気やけがにより、障害の状態になった場合
  3. 国民年金に加入したことのある人で、60歳~65歳未満の間に初診日のある病気やケガで障害の状態になった場合

障害厚生年金

初診日において、会社員やOLなどが加入する厚生年金の被保険者であった場合に対象となります。

会社に勤めていても厚生年金未加入の会社もあります(問題のあることですが)。

くれぐれもお仕事をするとき、会社の福利厚生はご確認しておいて下さい。後で後悔してもはじまりません。

障害共済年金(平成27年10月厚生年金と統一)

初診日において、公務員などが加入する共済組合の組合員であった場合

LINEで送る

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金の申請と受給の無料相談

このページの先頭へ