障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

相談事例|障害厚生年金と障害基礎年金の関係

投稿日:2012/11/21 最終更新日:2017/03/08

障害年金や障害者手帳の関係でご質問を頂きました。

Q:動脈弁閉鎖不全症(弁置換手術で人工弁を入れています)で判明より経過観察をしてきましたが昨年に弁置換(機械弁)の手術を受けました。

会社はその後復職していますが、まだ、フルタイムで働かず時間を短くして働いています。症状としてはたまに不整脈がでるくらいで、特に日常生活には支障はないのですが。

厚生年金の障碍者年金の申請は終了していますが障害者基礎年金はもらえるのでしょうか?

また、区役所で障碍者手帳の申請をして現在、1級身体障碍者手帳をもらっていますが、これは何か別の手当などはあるものでしょうか?

障害基礎年金は自動認定

A:障害厚生年金を既に請求されたとのこと。

障害厚生年金を請求し、2級以上に認定された場合、障害基礎年金は自動的に支給されるものです。

障害年金が決定されると、国民年金・厚生年金保険年金証書が送られてきますが、障害基礎年金と障害厚生年金とは別の欄で書いてあるので非常にわかりにくいですよね。

別の手続は特に必要ありませんので大丈夫です。

また、障害者手帳も別の制度ですが、国からの年金はありません。ただ、その自治体によりいろいろな支援制度がありますので、詳しくはもよりの市役所へお問い合わせ下さい。

LINEで送る

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金の申請と受給の無料相談

このページの先頭へ