障害年金申請と受給の無料相談|東京都

双極性障害で障害厚生年金2級(認定日)3級(事後重症)で受給!! 京都府

投稿日:2015/09/28 最終更新日:2016/09/09

双極性障害 京都府

ご相談・ご依頼を頂いたのは平成24年1月でした。3年以上前です。休職中で、初診日は厚生年金加入時です。

初診日

初診当時はうつ病の診断。(同じクリニックで)半年後に双極性障害と診断されたとのこと。うつ病での初診からは1年3カ月経過しており、障害認定日を待って請求をすることに。
主治医に診断書をお願いしたところ、うつ病は関係なく、双極性障害と診断したところが初診となる=まだ1年6カ月経っていない。だから、まだ診断書は書けない・・・というものでした。

その頃ちょうど、復職を検討している時期でもあった為、少し時期を待つことに。
昨年(平成26年)退職、関西の実家に戻られて、連絡を頂きました。そこから、請求に向けての準備再スタートです。

診断書

前述のように、障害認定日時点の診断書の初診は、双極性障害初診の日でそのまま書いて頂きました。加えて同じクリニックでうつ病の受診状況等証明書を書いて頂きました。

また、診断書に、「20歳の頃精神科受診あり」との記述がありました。ご本人に確認、その後5年近く問題はなかったこと・受診はされていないことを、申立書に記載しました。

やはり、審査途中で、20歳頃の精神科受診についての照会があり、追加書類提出。

請求結果

結果、請求通りの初診日で、障害厚生年金2級(認定日)、3級(請求時)で認定されました。等級についても、納得のいくものでした。

3年前に請求していたとしたら、在職中だったこともあり、障害認定日で3級に該当するかしないかだったと思います。時間はかかりましたが、結果として一番いい結果になったのではないでしょうか。
平成27年9月

LINEで送る

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 TEL:03-6661-7563

障害年金の申請と受給の無料相談

このページの先頭へ