障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

胃全摘後ダンピング症状等で障害厚生年金3級(事後重症)受給事例| 東京都台東区

投稿日:2016/10/15 最終更新日:2016/11/25

胃全摘後ダンピング症状等 障害厚生年金3級(事後重症)東京都台東区

最初にご相談を受けたのはご依頼頂く1年半程前でした。胃ガンの診断を受け、半年前に胃を全摘。

脱力感、倦怠感、めまいに加え、強いダンピング症状が出現。休職を経て職場復帰し、以前と同じ業務をしているとのことでした。

障害厚生年金とお仕事

障害年金の制度についてと、障害厚生年金の請求になるので3級の可能性はあるとお話をしたところ、その時点では、フルタイムで働けなくなった時に請求を考えるということになりました。

1年半経って、胃の全摘による消化不良に加え、勤務による疲労で休職中。職場復帰は難しい状態なので、障害年金の請求をしたい。とお電話を頂きました。

障害厚生年金を請求し、87日。障害厚生年金3級に認定されました。

手術後の後遺症

手術後の後遺症で、就労や日常生活に相当の制限がかかる場合、障害年金に該当する可能性があります。厚生年金は3級があり、“労働に著しい障害がある”場合、受給ができます。ご相談ください。

平成28年10月15日

LINEで送る

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金の申請と受給の無料相談

このページの先頭へ