障害年金は、精神疾患・脳梗塞・肢体・腎疾患・人工透析・癌といったさまざまな病気や怪我で申請できる可能性があります。

もしかしてもの凄く重症な怪我や病気をお考えでしょうか?障害年金の傷病の範囲はかなり広くお考え下さい。

実は障害年金の対象となるのは、病気や怪我を原因とし、働くことや日常生活が制限されることなのです。けっしてまったく動けないとか働けないということではありません。

昨今、身体の傷病はもちろんですが、働き方改革に代表される過重労働でうつ病などの精神疾患での障害年金の相談も急増しています。

制度自体をご存じない方も多いですし、残念ながら制度自体がかなり複雑でわかりずらいものです。

例えば、初めて病院に行った初診日が古いと、カルテ自体がなかったり病院が廃業していたりするケースも少なくありません。

傷病で困っている方に障害年金を

ネットの情報だけでは、何が本当で何が嘘かわからないと思います。

調べれば調べるほど、情報が古かったり誤っていたりしてかえって混乱し、余計不安になってしまうのではないでしょうか。

実際、ご相談にいらした方で検索すればするほど不安になるという方も多いのです。

体の不調もそうですよね。調べれば調べるほど、きっと自分が重病に違いない・・・と不安になっていきます。

おひとりで悩んでいないで、ぜひご相談頂き障害年金の申請をご検討下さい。

受給できればその後の生活の安心はもとより、じっくりといろいろ考える余裕もでます。

安心の障害年金相談窓口。選ばれる10の理由

1 安心の初回無料相談(打ち合わせは夜間や週末も対応)

お電話・メール・ご面談等。初回無料で相談実施中。

無料相談中

ご面談は、夜間(営業時間外)、土・日も大丈夫ですので、お気軽にご予約ください。

2 豊富な受給実績とノウハウ

平成30年12月末現在で、経験7.5年 合計相談数1,939件 受給率約98.0% です。

だから安心の受給をサポートします!

当事務所で申請した、おおまかな傷病別一覧

傷病別の障害年金の内訳

3 女性の専門社労士が相談から申請まで全て責任対応

初回の相談から裁定請求まで、一貫して専門の女性社会保険労務士が丁寧に対応。(プロフィールはこちら)

社労士が話すのは相談時だけで、後は事務員任せになり、電話をするたびに担当が変わって最初から説明したり、スタッフがちんぷんかんぷんでよくわからなかったり・・・いうことは決してありません。

ただ社会保険労務士ただ社会保険労務士

特に日常生活の状態や普段の生活など、女性の方が話しやすい面もあるかと思います。障害年金を受給できるかどうかは一生の問題です。私がすべて対応します!!

4 行政との折衝もお任せ下さい

事務所所長は、数年前世間を騒がせた「消えた年金問題」の際、総務省の年金記録調査員や年金事務所の相談員として嘱託を受けており、行政に豊富な折衝歴があります。

障害共済年金もご相談にのります!

5 相談場所はアクセス抜群

事務所は東京日本橋にあります。日本橋・茅場町・八丁堀・京橋・東京駅も徒歩圏内です。

6 外出が難しい場合、出張訪問相談

出張訪問相談もいたします。

7 東京都を中心に首都圏に対応

関東・首都圏の地域に幅広く対応。地方にお住まいの場合、専門家がいなくて困っているという声を多く聞きますが、メールやfax、郵送のやりとりで申請も可能です。

8 負担のない進行と迅速な請求

ご依頼者様が迷われないよう、状況に合わせてちょうどいいタイミングで次の工程のアドバイスをさせて頂くよう心がけています。

ご自身が年金事務所へ足を運んでいただく必要はなく、年金事務所からの必要書類の入手や、照会もすべて対応。

結果、請求までの期間が短縮されスムーズに受給ができます。

9 (再)審査請求も最後までサポート

他の社労士さんはあまり行われておりません。

障害年金の申請はほぼ一発勝負ですが、審査結果に納得がいかない場合に行う不服申し立ては追加料金をいただかず、引き続き最後までサポートします。

不服の申立ての事例はこちら。

10 豊富な情報発信の心がけ

障害年金の申請した地域別事例一覧の掲載など、当サイトの情報量は200ページを超えており、日々更新しています。

情報量は日本でもトップクラスになるように、心がけています。

障害年金の相談窓口として掲載
障害年金の専門家として掲載
TVホスピタルに掲載
ひとつだけご容赦下さい。

お話ししてきたようにスタッフや事務員任せではなく、かかりつけ医のような安心を届けたいと思い、全ての申請を私自身がしています(スタッフもおりますが、重要な書類は全て私自身が目を通し確認します)。

そのため、1ヶ月で受任できる件数に限りがあり、面談を一定期間お断り又は先になる場合がございます(期間はその度HPのお知らせに掲載します)。

なんとか、効率的に業務を行えるよう努めておりますが、その際にはご容赦ください。

障害年金の申請から受給の流れ

ただ社会保険労務士ただ社会保険労務士

1人1人丁寧にサポートする為、何卒ご理解ください。

障害年金の相談受付中

女性の社会保険労務士が、障害年金の無料相談と申請の手続き代行を行っています。

お気軽にお電話かメールでご連絡下さい。 お電話番号はこちら

ページの先頭へ