障害年金申請受給の無料相談|東京都

人工透析(腎疾患や慢性腎不全)の受給資格や審査基準

投稿日:2011/07/12 最終更新日:2016/11/25

腎疾患・人工透析で障害年金の対象となるものは、慢性腎不全、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎などです。

仕事と受給資格について

非常に勘違いされている方が多いのですが、人口透析等での障害年金は就労をして収入(給与)があっても受給できます。

日常生活のレベル等の問題であり、仕事をしているかどうかは関係ありません(ただ、精神障害の場合、働けるかどうかは大きな判断基準となります)。

よく頂く質問です。
Q.勤めていても障害年金は受給できますか?
会社に配慮してもらい、勤めながら人工透析を受けています。障害年金は働いていても貰えるのでしょうか?

A.給与があっても問題ありません。
人工透析を受けてらっしゃる場合、2級と認定されます。(病状等が重い場合はそれ以上に認定される可能性もあります)。
働いていらっしゃることで不利になることはありません。

人工透析や腎疾患腎不全

人工透析の障害認定日

Q.障害の認定日について
慢性腎不全で、人工透析を受けることになりました。人工透析の場合、障害認定日が人工透析を開始してから3カ月後と聞きました。
先月から始めたので2カ月後が認定日となるのでしょうか?初診日は3年前です。

A.すぐに請求が可能です。
障害認定日の特例のご質問ですね。
障害認定日が人工透析を開始してから3カ月後となるのは、初診日から1年6カ月以内に人工透析を開始した場合です。

初診日が3年前ということですので、これにはあてはまらず、事後重症で請求します。人工透析開始ではなく、初診日から1年6カ月経過しているからです。

既に人工透析を開始されているのであれば、1日でも早く請求しましょう。

初診日証明の困難

人工透析や腎不全は、発病して悪化するまで長い時間かかる、初期症状がわかりにくいということが多くあります。。

そのため申請しようと考えても、病院がない。当時のカルテが無い。初診の病院がわからないなどのことが多くあり、申請を困難にしております。その場合いろいろと客観的な資料をつける必要がありますので、ご相談下さい。

障害の程度

腎疾患による障害の程度は、自覚症状、他覚所見、検査成績、一般状態、治療および病状の経過、人工透析療法の実施状況、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定されます。

腎疾患による障害の認定の対象は、そのほとんどが、慢性腎不全※に対する認定です。

慢性腎不全

慢性腎疾患によって腎機能障害が持続的に徐々に進行し、生体が正常に維持できなくなった状態をいいます。すべての腎疾患は、長期に経過すれば腎不全に陥る可能性を持っています。

腎疾患の主要症状

腎疾患の主要症状としては、悪心、嘔吐、疼痛等の自覚症状、尿の異常、浮腫、高血圧等の他覚所見になります。 人工透析療法施行中のものは、2級と認定されるが、主要症状および検査数値、および具体的な日常生活等によっては、さらに上位の等級に認定される場合もあります。

認定する時期

障害の程度を認定する時期は、人工透析療法を初めて受けた日から起算して3カ月を経過した日(初診日から起算して1年6カ月以内の日に限る)となります。

慢性腎不全およびネフローゼ症候群での検査項目および異常値を一部例示

区分 検査項目 単位 軽度重症 中等度異常 高度異常
内因性クレアチニンクリアランス値 ml/分 20以上30未満 10以上20未満 10未満
血清クレアチニン濃度 mg/dl 3以上5未満 5以上8未満 8以上
①1日尿蛋白量 g/日 3.5g以上を持続する
②血清アルブミン g/dl かつ、3.0g以下
③血清総蛋白 g/dl 又は、6.0g以下

(注)ウの場合は、①かつ②又は、①かつ③の状態を以上という。

腎疾患(慢性腎不全)と人工透析の動画セミナー

慢性腎不全による人工透析は、基本的に障害年金2級の対象となります。
よく言われるのが就労(仕事)をして収入があると駄目ということですが、仕事をしているか収入があるかは関係ありません。

動画になります(注 クリックすると声が出ます

詳しくはお問い合わせ下さい。

タグ: | カテゴリー:人工透析の審査基準 |

人工透析の認定日と初診日の間違い

投稿日:2011/11/29 最終更新日:2017/01/20

夕方から日本橋にて人工透析をされている方からのご相談をお受けしました。

IgA腎症から人工透析という経過です。
そこで頂いたご質問です。

認定日

「まだ透析を初めて3ヵ月しか経ってないので、障害年金は請求できませんよね?」というものでした。

これは『障害認定日の特例』のよくある間違いです。

初診日から1年6ヵ月以内に人工透析を開始した場合はそのとおりですが、初診日から1年6ヵ月経過した後で、透析を開始した場合すぐに請求できます。

透析からではなく初診日から見る

事後重症で、請求した日の翌月から受給可能となるのです。

1日も早く請求しましょう!!

タグ: | カテゴリー:申請受給23年 人工透析の審査基準 |

腎疾患・肝疾患・糖尿病の診断書

投稿日:2012/04/20 最終更新日:2017/02/06

手持ちがなくなったので、腎疾患・肝疾患・糖尿病の障害用の診断書を年金事務所でもらってきました。
診断書様式第120号の6-(2)です。

病気ごとに診断書がいろいろ違うのが・・・、ほんと大変ですよね。
お医者さまへのお願い状を作成し、ご依頼者さまへお送りします。

タグ: | カテゴリー:人工透析の審査基準 |

慢性腎不全で障害厚生年金2級(事後重症)受給事例 東京都渋谷区

投稿日:2012/08/02 最終更新日:2016/12/14

40代 男性 慢性腎不全(人工透析)東京都渋谷区

障害厚生年金2級 事後重症支給決定です!!

審査期間

3ヵ月を待たずに決定されました。
こちらで年金事務所に審査の進捗状況を問い合わせたところ、「もう決定通知送っていますよ。」 →え?ご依頼者さまにご連絡。

ご依頼者さま曰く、「いや~年金機構から封書は届いてたけど、審査は長くかかると思っていたので、中身を見ていなかった。もうOK出たんですか?」とのこと。→出たんです!

結果として、障害厚生年金2級 事後重症 で認められていました!

不支給だと、2人で今後の対応のお話になりますので、笑い話になってよかったです(笑)。

厚生年金支給決定まで

通常は3ヶ月程度かかります。ここは大変ですが、気長に吉報を待つくらいの態度が必要!一緒に待ちましょう。

タグ: | カテゴリー:申請受給24年 人工透析の受給事例 |

慢性腎臓病で障害年金基礎年金2級受給事例(事後重症)|神奈川県藤沢市

投稿日:2012/09/10 最終更新日:2017/02/09

女性 慢性腎臓病(人工透析前)神奈川県藤沢市
うれしいお知らせ。
慢性腎臓病で障害基礎年金2級の年金証書が届いたと、お電話で連絡を頂きました!!

人工透析導入前

まだ人工透析導入前であった為、透析導入まで待つか現在の状況(透析導入が必要な状態)で請求するか、考えましたが、一日でも早く障害年金の受給をして頂く為に、請求に踏み切りました。

無事認定され本当にうれしいです!!

次回、診断書提出日も5年後ですので、安心して療養して頂けることが何よりよかったです。

タグ: | カテゴリー:申請受給24年 人工透析の受給事例 |

多発性嚢胞腎(人工透析)で障害厚生年金2級受給事例(事後重症)|東京都板橋区

投稿日:2012/10/05 最終更新日:2017/02/09

50代 男性 多発性嚢胞腎(人工透析) 東京都板橋区

本日、ご依頼者さまより年金証書が届いたとのご連絡をいただきました!!

多発性嚢胞腎腎で慢性腎不全

多発性のう胞腎で慢性腎不全となり人工透析導入され、障害年金の請求をさせていただきました。
請求から決定までは、3か月半くらいでした。

事前に準備をはじめて5月から人工透析を開始→5月末に請求
事後重症でしたので、一番いいカタチで障害年金の受給ができたと思います。

タグ: | カテゴリー:申請受給24年 人工透析の受給事例 |

慢性腎不全で障害厚生年金2級受給事例(事後重症)|神奈川県茅ケ崎市

投稿日:2012/12/21 最終更新日:2017/02/09

50代 男性 慢性腎不全(人工透析) 神奈川県茅ケ崎市

うれしいお知らせです。
慢性腎不全で、人工透析を導入されている方の、障害厚生年金2級の年金証書が届いたと連絡を頂きました。

初診はアメリカの病院

初診がかなり前、それもアメリカの病院でしたので、「受診状況等証明書が添付できない理由書」での初診証明となりました。

幸いにも帰国時にドクターが書いた書類や、検査数値等をお持ちでしたので、添付し無事認められました。

日本語への翻訳は恥ずかしながら、ご本人さまにお願いいたしました・・・すいません(汗)
ありがとうございました。

今年もあとわずかですね。
来週は今年最後の裁定請求に年金事務所に行く予定です。みなさま、何とか書類が揃いそうで、年内に提出できそうでよかったです。

タグ: | カテゴリー:申請受給24年 人工透析の受給事例 |

慢性腎不全(人工透析)で障害厚生年金2級受給事例(事後重症)女性|東京都世田谷区

投稿日:2013/03/19 最終更新日:2017/02/10

40代 女性 慢性腎不全(人工透析) 東京都世田谷区

慢性腎不全(人工透析)で障害厚生年金2級決定通知が届いたと連絡を頂きました。

無事決定され、よかったです!!

人工透析をされている方は、働いていても障害年金2級となります。

まだご存知なく、請求をされていない方も多いのではないでしょうか。

2級に認定されるといっても、病歴が長く初診日の証明が難しい例も少なくはありません。
ぜひ一度ご相談ください。

タグ: | カテゴリー:申請受給25年 人工透析の受給事例 |

慢性腎不全(人工透析)障害厚生年金2級(事後重症)j受給事例 神奈川県川崎市

投稿日:2013/04/16 最終更新日:2016/12/14

50代 男性 慢性腎不全(人工透析)神奈川県川崎市

平成16年から腹膜透析をされています。
お勤めをされているので、障害年金は関係ないと思っていらしたようです。

若い頃の健康診断で異常発見

この場合、事後重症請求(請求した翌月から障害年金支給)となります。

大変だったのは、若い頃、健康診断で指摘され、受診したとのこと。。。
ご本人の記憶は殆どなく、初診日の証明にとても苦労しました(汗

新しい病院から逆算して記録をたどる

通常とは逆で、新しい病院から記録をたどっていき、結果、初診日が昭和59年と確定。

人工透析をされている方は障害年金の2級に認定されますが、初診日がかなり昔になってしまうことも多いものです。

丹念に調べれば手がかりが出てくることもありますので、あきらめずに請求しましょう。

タグ: | カテゴリー:申請受給25年 人工透析の受給事例 |

慢性腎不全(腹膜透析)で障害基礎年金2級(事後重症)受給事例 東京都台東区

投稿日:2013/06/18 最終更新日:2016/12/14

50代 男性 慢性腎不全(腹膜透析) 東京都台東区

慢性腎不全腹膜透析)で 障害基礎年金 2級決定しました!

初診は昭和46年の中学生頃。

受診状況証明書など出せません。カルテもないのです。

何枚も受信状況等証明書が添付できない理由書をつけました。
何枚も病歴状況申立書つけました。

苦労の甲斐あり、無事、障害基礎年金2級決定です。

人工透析は、血液透析も腹膜透析も同じく認定されます。

65歳未満の方はご相談ください。

タグ: | カテゴリー:申請受給25年 人工透析の受給事例 |

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 TEL:03-6661-7563

障害年金申請の無料相談と受給事例

このページの先頭へ