障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

がん・悪性新生物と障害年金の受給資格

投稿日:2012/03/28 最終更新日:2017/02/15

がんも障害年金の対象になります。障害認定日は原則通り初診から1年6ヶ月経ったところになります。

癌の審査基準

癌(がん)による障害年金の審査では、悪性新生物そのものによって生じる障害だけではなく、治療の副作用によって生じる障害も、認定の対象になります。

障害認定基準

少し難しいのですが、以下が癌の障害認定の基準です。

悪性新生物による障害の程度は、組織所見とその悪性度、一般検査及び特殊検査、画像検査等の検査成績、転移の有無、病状の経過と治療効果等を参考にして、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定します。

1級 当該疾病の認定の時期以後少なくとも、1年以上の療養を必要とするものであって、長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを

2級 日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを

3級 労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものを

に該当するものと認定する。

(1)悪性新生物は、全身のほとんどの臓器に発生するため、現れる病状は様々であり、それによる障害も様々である。

(2)悪性新生物の検査には、一般検査の他に、組織診断検査、腫瘍マーカー検査、超音波検査、X線CT検査、MRI検査、血管造影検査、内視鏡検査等があります。

(3)悪性新生物による障害は、次のように区分します

ア 悪性新生物そのもの(原発巣、転移巣を含む。)によって生じる局所の障害
イ 悪性新生物そのもの(原発巣、転移巣を含む。)による全身の衰弱又は機能の障害
ウ 悪性新生物に対する治療の効果として起こる全身衰弱又は機能の障害

(4) 悪性新生物による障害の程度を一般状態区分表で示すと次のとおりになります。
一般状態区分表

区分 一般状態
無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの
軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの 例えば、軽い家事、事務など
歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの
身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの

(5) 悪性新生物による障害の程度は、基本的には認定基準に掲げられている障害の状態を考慮するものであるが、各等級に相当すると認められるものを一部例示すると次のとおりです。

障害の状態例

1 級 著しい衰弱又は障害のため、一般状態区分表のオに該当するもの
2 級 衰弱又は障害のため、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの
33級 著しい全身倦怠のため、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの

(6) 悪性新生物そのものによるか又は悪性新生物に対する治療の結果として起こる障害の程度は、本章各節の認定要領により認定する。

(7) 悪性新生物による障害の程度の認定例は、(5)に示したとおりであるが、全身衰弱と機能障害とを区別して考えることは、悪性新生物という疾患の本質から、本来不自然なことが多く、認定に当たっては組織所見とその悪性度、一般検査及び特殊検査、画像診断等の検査成績、転移の有無、病状の経過と治療効果等を参考とし、認定時の具体的な日常生活状況等を把握して、総合的に認定する。

(8) 転移性悪性新生物は、原発とされるものと組織上一致するか否か、転移であること
を確認できたものは、相当因果関係があるものと認められる。

タグ: | カテゴリー:癌・悪性新生物の受給資格 |

大腸癌(人工肛門)で障害厚生年金3級受給事例(事後重症)|東京都世田谷区

投稿日:2012/12/03 最終更新日:2017/02/15

40代 男性 大腸がん(術後 人工肛門) 東京都世田谷区

初診日と因果関係

初診は厚生年金加入中の潰瘍性大腸炎でしたが、大腸ガン発病は国民年金加入中で初診から十数年後。よかったです!
無事厚生年金で認められました。

現在も元気にお仕事されています。

初診日との因果関係など考えさせられる内容でした。

こういう形でも、因果関係が証明できないと障害基礎年金になることもありえます。

人工透析なども同じなのですが、発病してから長い時間が経ち障害年金の認定基準にあたることがあるからです。

人工肛門を設置された場合、厚生年金3級に認定される可能性がありますので、どうぞご相談下さい。

直腸肛門管がんで障害共済年金2級(未支給遡及)受給事例|東京都目黒区

投稿日:2013/11/21 最終更新日:2016/12/22

50代 男性 公務員(在職中) 直腸肛門管がん 東京都目黒区

ご相談は11カ月前、奥様からでした。
旦那様が直腸肛門管がん(末期状態)で入院中 初診は平成20年4月
ご相談から1カ月経たない今年の1月初め、現症の診断書が取得できた頃、残念ながらお亡くなりになってしまいました。

未支給の障害年金請求

未支給の障害年金請求に切り換え、障害認定日で2級認定を目指して請求。
2月初めのことでした。

全額支給停止

※3級では在職中の為、全額支給停止になってしまう為
審査期間は長く、途中で数々の追加資料の提出し、いつまで続くのだろう…と心が折れかけたころ、やっとやっと通知が届きました。
未支給の障害基礎年金2級の支払通知です!!

奥様のがんばりがあったからこその結果ですね。
微力ながら、お手伝いできたこと、本当にうれしく思います。

肝硬変・肝がんで障害厚生年金請求3級(事後重症)受給!! 東京都杉並区

投稿日:2014/04/03 最終更新日:2016/12/22

60代 男性 肝硬変・肝がん 東京都杉並区

若い時からの多量の飲酒で、肝炎から肝硬変、肝がんに。
最近、長年勤めた会社を退職され、障害年金の請求をお考えになったとのこと。

初診日は、平成元年となりました。
請求の結果、障害厚生年金3級に認定されました。

平成26年3月

肝硬変・肝がんで障害厚生年金2級(1年強遡及) 千葉県

投稿日:2015/04/21 最終更新日:2016/12/22

肝硬変肝がん 千葉県

初診日は、2年半前。
在職中ですが、肝臓がんによって、就労および日常生活がかなり困難になっていらっしゃいます。
通勤退勤は、奥様が車で送り迎え。体調不良時の早退、欠勤も多く、自宅では殆ど横になっているとのこと。
障害認定日(初診日から1年6カ月経過時)と現在の診断書を取得し、障害厚生年金の請求をしました。

就労状況の大事さ

精神の障害や内臓の障害の場合、就労状況も重視されます。現状をしっかりと病歴・就労状況等申立書に記載しました。
無事、障害認定日で2級に認定されました。
ご依頼者さまにとって、一番いい結果となり、本当によかったです。

平成27年3月15日

がん 骨転移ご相談

投稿日:2016/05/22 最終更新日:2016/12/22

午前中は年金事務所でご依頼者様の記録の確認と必要書類の取得をしてまいりました。

午後は「がん 骨転移」のご相談でした。
奥さまのご病気の相談でしたが、通院の記録等をキチンととってらして、感心いたしました。

なんとか助かってほしい。少しでも長く生きてほしい。

そのために私がやれることも何もないのですが・・。

ご依頼を頂きました。せめて受給できるように精いっぱい頑張ります!!

上咽頭癌で障害共済年金2級(3年遡及)受給事例

投稿日:2016/11/07 最終更新日:2017/02/28

上咽頭がん障害共済年金2級(3年遡及)6 東京都狛江市

奥様からお問い合わせフォームでご連絡を頂き、面談いたしました。

退職共済年金障害者特例

共済加入中に初診日があり、現在は退職されて、特別支給(60代前半)の退職共済年金を受給中です。

上咽頭がんにより、疲れやすさ、めまい、ふらつき、咀嚼等の症状があり、横になって過ごされることが多いとのこと。

共済組合には奥様が連絡をされて提出に必要な書類はお取り寄せ済みでした・・・が!! 事後重症での請求書類しかなかったのです。

障害認定日時点で3級以上に認められれば、退職共済年金も障害者特例により、定額部分が遡って受給できます。

この場合、障害厚生年金の額と比較して、有利になる方を選択すればいいのです。複雑な制度ですね・・。

共済障害年金と障害年金一元化

共済組合に連絡をし、遡及請求の為の書類を追加で送って頂くことになりました。一元化した後も、共済組合と日本年金機構では請求の方法や用紙が違いますので、都度確認が必要です。

障害共済年金2級(遡及3年)との決定でした。
ご相談→裁定請求→等級決定→追加書類提出→年金選択→決定通知→共済部分受給開始→基礎部分受給開始 ほぼ1年かかりました。

長かったです。。。ただ、ご依頼者さまにとても喜んで頂け、私も本当にうれしかったです。

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金申請の無料相談と受給事例

このページの先頭へ