障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

甲状腺眼症と障害年金の受給資格・認定基準

投稿日:2011/08/09 最終更新日:2016/12/22

目の障害でご質問を頂きました。

甲状腺眼症

Q.初診日から半年ですが、障害年金は請求できますか?

半年程前に甲状腺眼症を発症し、治療中です。目を動かす筋肉に炎症がおきている為、両目の焦点があわず複視(物が二重に見える)になっています。

ダブって見えるので日々の生活にかなり支障がでてきています。現在、通院してステロイドの炎症をおさえる薬をのんでいますが炎症がおさまらないと複視も改善されないようです。

このような病気でも障害者年金を受給することはできるのでしょうか?

 

A.認定基準に該当し、少なくとも1年以上の療養が必要とするものであれば、障害年金受給の可能性があります。

まだ障害認定日到来前であり、症状が固定したともいえないため、現段階では判断はしかねますが、障害認定日において、眼の障害の認定基準で判断することになります。

認定基準に該当し、少なくとも1年以上の療養が必要とするものであれば、障害年金受給の可能性がございます。

障害認定日後の症状が認定基準※にあてはまっていれば障害年金が受給できます。

1年以上先ですので、症状も変わっていることが予想されます

まだ障害認定日前ですので、今は治療に専念されることをおすすめいたします。
症状がよくなればそれは喜ばしいことですし!!

ただし、障害年金を請求する時のことを考えて、服用している薬の名前や、身体の状況などをメモしておきましょう。

請求時の申立書を書く際に役にたちますよ。

LINEで送る

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金の申請と受給の無料相談

このページの先頭へ