障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

糖尿病の障害年金認定基準

投稿日:2011/07/12 最終更新日:2016/11/19

糖尿病の場合、障害年金の認定基準や対象例が少し特殊です。

糖尿病、糖尿病性と明示されたすべての合併症

糖尿病、糖尿病性と明示されたすべての合併症が対象となるのです。

ただ、病名よりも日常生活などいろいろな観点からの判断となります。

糖尿病による障害の程度は、合併症の有無及びその程度、代謝のコントロール状態、治療及び症状の経過、具体的な日常生活状況等を十分考慮し、総合的に認定するかたちです。

糖尿病(代謝疾患)の認定基準が改正

改正後の対象者

平成28年6月1日より糖尿病の審査審査基準がかわりました。

わかりやすく記載すると、糖尿病の障害認定は、治療を行ってもなお、血糖コントロールが困難な症状の方が対象となるということです。

具体的には次の3つを全てみたす方

  1. 90日以上のインスリン治療を行っている方
  2. Cペプチド値、重症低血糖、糖尿病ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧症候群のいずれかが一定の程度の方
    ※Cペプチド値は、インスリンが、膵臓からどの程度分泌されているかを把握するものです。
  3. 日常生活の制限が一定の程度の方

改正ポイント

糖尿病については、以下のものが血糖コントロールが困難なものとして、障害等級の3級と認定されることになります。

検査日より前に、90日以上継続して必要なインスリン治療を行っていること。

次のいずれかに該当すること。
(1)内因性のインスリン分泌が枯渇している状態で、空腹時または随時の血清Cペプチド値が0.3ng/mL未満を示すもの(内因性のインスリン分泌は、自分自身の膵臓から分泌されるインスリンのこと)。

(2)意識障害により自己回復ができない重症低血糖の所見が、平均して月1回以上あるもの

(3)インスリン治療中に糖尿病ケトアシドーシスまたは、高血糖高浸透圧症候群による入院が年1回以上あるもの

一般状態区分表のイまたはウに該当すること(日常生活の区分を5段階にわけたもの)

 区分  一 般 状 態
 イ 軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの

例えば、軽い家事、事務など

 ウ 歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが日中の50%以上は起居しているもの

症状、検査成績と具体的な日常生活状況などによっては、さらに上位等級に認定されます。

認定基準の改正にともない、診断書も変更になります。

糖尿病性合併症

○なお、糖尿病の合併症(糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症など)については、対象疾患ごとの基準(腎疾患や眼の障害など)によって認定されます。

糖尿病性網膜症を合併したものによる障害の程度は、「眼の障害」の認定要領により認定する。

糖尿病性腎症を合併したものによる障害の程度は、「腎疾患による障害」の認定要領により認定する。

糖尿病性神経障害は、激痛、著明な知覚の障害、重度の自律神経症状等があるものは、「神経系統の障害」の認定要領により認定する。

糖尿病性動脈閉塞症は、運動障害を生じているものは、「肢体の障害」、その他の代謝疾患は、合併症の有無及びその程度、治療及び症状の経過、一般検査及び特殊検査の検査成績、認定時の具体的な日常生活状況等を十分考慮して、総合的に認定するかたちとなります。
※単なる痺れ、感覚異常は、認定の対象となりません。ただし、糖尿病性神経障害が長期間持続するものは、3級に該当するものと認定されます。

LINEで送る

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金の申請と受給の無料相談

このページの先頭へ