障害年金|障害者年金|の無料相談

障害者年金の請求とは

障害年金の請求とご相談の流れ障害年金とは受給できる金額請求の要件とポイント

対象となる主な障害や病気

こちらは主な例です。一覧にない傷病も、障害の状態により対象になります。

対象となる主な傷病名
精神疾患精神疾患 うつ病、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症、若年性認知症、器質性精神障害、知的障害(精神遅滞)、てんかん、発達障害(自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害)、高次脳機能障害 など
眼の障害耳の障害 網膜色素変性症、網膜脈絡膜萎縮、脳梗塞後遺症による視野障害、白内障、緑内障、ブドウ膜炎、眼球萎縮、 癒着性角膜白斑 など
耳の障害目の障害 感音性難聴、メニエール病、突発性難聴、頭部外傷または音響外傷による内耳障害、薬物中毒による内耳障害、突発性難聴、神経性難聴、頭部外傷又は音響外傷による内耳障害 など
肢体の障害07 上肢または下肢の離断または切断障害、外傷性運動障害、重症筋無力症、関節リウマチ、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー、パーキンソン病、膠原病、変形性股関節症、人工股関節 人工骨頭 など
腎疾患による障害腎疾患・人工透析 慢性腎不全、腎硬化症、慢性糸球体腎炎(IgA腎症)、糖尿病性腎症、多発性膿胞腎、ネフローゼ症候群、人工透析、血液透析・腹膜透析)など
※腎疾患の認定基準が変更(平成28年6月1日より)
肝疾患・糖尿病など08 肝硬変、肝がん、多発性肝膿瘍、糖尿病、糖尿病性と明示された全ての合併症 など
癌などの疾患による障害癌 等 悪性新生物(がん) 、白血病、悪性貧血、再生不良性貧血。
【その他】人工肛門、人工膀胱、尿路変更、クローン病、潰瘍性大腸炎、化学物質過敏症、血友病、周期性好中球減少症、HIV、その他難病 など
脳疾患 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血 など
心疾患による障害 大動脈弁膜症、僧帽弁膜症、感染性心内膜炎、人工弁、拡張型心筋症、難治性不整脈、先天性心疾患、重症心不全、冠状動脈硬化症、狭心症、房室ブロック など 人工弁 心臓ペースメーカー(除細動器) ICD CRT-D 装着 など
呼吸器の障害 肺結核、じん肺、気管支喘息、慢性気管支炎、膿胸、肺線維症、気管支喘息、肺気腫、呼吸不全 など
高血圧による障害 悪性高血圧、高血圧性心疾患、高血圧性腎疾患 など
そしゃく・嚥下機能、 言語機能・鼻腔機能の障害 言語障害、咽頭摘出術後遺症、上下顎欠損、喉頭腫瘍、喉頭全摘出手術、失語症、脳血栓(言語)、外傷性鼻科疾患など

受給決定した主な傷病は、相談受給実績に掲載

障害年金・障害者年金の申請代行と無料相談

障害年金もらい忘れていませんか?

障害年金は、うつ病や統合失調症等精神疾患・脳梗塞や眼、肢体・腎疾患・糖尿病・人工透析・癌といったさまざまな病気・けがで受給の可能性があります。

障害という言葉を狭くとらえ過ぎています。障害年金が支給されるのは、病気や怪我を原因として 働くことが制限される人 又は 日常生活が制限される人 と広く解釈してください。

障害年金の制度をご存じない方も多いのですが、残念ながら請求自体は複雑で受給できない方も多々いらっしゃいます。

また行政が制度を教えてくれませんし、5年を過ぎれば時効にかかり年金はどんどん消えていきます。

是非、障害年金の請求をお考え下さい。受給できれば少しでもその後の生活の安心につながっていくと思います。

当事務所が選ばれる理由!12のメリット

1 初回、無料で個別相談

安心の成功報酬です。受給できなかった場合、成功報酬はございません。

2 障害年金専門家として、経験5年以上

年間300~400件の相談を受けており、専門家としての経験は5年以上です。本当に経験や実績のある専門家にご依頼ください。

当事務所で請求した、おおまかな障害別一覧です。

障害年金申請内訳

 

 

 

 

 

 

3 女性の社労士が全て対応

初回の相談から裁定請求まで、一貫して専門の女性社会保険労務士が丁寧に対応いたします。

障害年金選ばれる理由

電話をするたびに担当者が違って最初から説明しなければいけない。担当制で人により力量が違う。スタッフがちんぷんかんぷんで、よくわからないというようなことは決してありません。
どうぞ、安心してお任せ下さい。

4 年金関係の対応歴が豊富

事務所所長は、数年前世間を騒がせた「消えた年金問題」のとき、総務省の年金記録調査員として2年嘱託を受けた実績があり、年金行政についても豊富な知識があります。

5 アクセス抜群

事務所は日本橋兜町です。日本橋駅、茅場町駅、八丁堀駅、京橋駅、宝町駅、東京駅から徒歩圏内。

6 外出が難しい場合、出張訪問相談

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県は出張相談も対応。

7 全国対応:地方にお住まいの方ご相談下さい

地方にお住まいで、近くに専門家がいなくて困っているという声を多く聞きます。
メールやFAX、郵送でのやりとりで請求代行も可能です。

8 豊富な障害年金の請求受給実績

受給が決定した主な実績等は、相談受給実績に掲載しております。すべて当事務所で請求した実績です(個人情報に配慮し、掲載していないものや、少し内容を変えているものもあります)。

現在の受給率(受給された方の割合)は97.4%となります(平成28年3月現在)。

9 ご依頼者に負担のないアドバイス

障害年金の申請は、要件確認、書類作成、必要書類の入手などかなり複雑なものです。
ご依頼者様が迷うことがないよう、状況に合わせて、ちょうどいいタイミングで次の工程のアドバイスをいたします。

10 ご依頼者にお手間はかけません

ご依頼者様ご自身が年金事務所へ足を運んで頂く必要はありません。

必要書類の入手から、請求、その後の年金事務所の対応も全て当事務所でいたします。

11 審査請求・再審査請求までサポート

障害年金の請求は、ほぼ一発勝負です。しかし、審査結果がおかしい場合もあります。当事務所にご依頼頂き、不本意な結果となってしまった場合に行う不服申立て(審査請求・再審査請求)は追加料金を頂きません。

平成28年4月より審査請求期間等が改正になりました。

最後までサポートさせて頂きますのでご安心下さい。

12 全国の中でも豊富な情報量と知識

当サイトの情報量は300ページを超えており、全国でも屈指の情報量です。

障害年金の請求とご相談の流れ


障害年金(障害者年金)無料相談と申請サポート

障害年金(障害者年金)申請の相談は初回無料!頂いた情報を元に障害年金受給の有無を判定!東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応!安心の申請代行手続きから審査請求等、最後までサポートします。

まずお電話かメールにて、初回無料相談をお願い致します。 TEL:03-6661-7563

障害年金・障害者年金の申請代行と無料相談

このページの先頭へ