障害年金の申請や受給の無料相談|東京都

障害年金の申請と受給の無料相談

障害年金のお問い合わせから申請までの流れ


障害年金の種類や申請方法の解説
障害年金でもらえる金額はいくらか
障害年金を受給するための納付要件・初診日・障害状態とは

障害年金の対象傷病と受給事例

認定基準 受給事例
精神疾患(精神障害者年金)の該当基準 うつ病双極性障害統合失調症若年性認知症・高次脳機能障害知的障害(精神遅滞)てんかん 発達障害(自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害) | 器質性精神障害
※精神疾患の等級判定ガイドライン運用開始(平成28年9月1日)審査の地域差をなくするものです。
人工透析の該当基準 人工透析(血液透析・腹膜透析) 慢性腎不全 腎硬化症 慢性糸球体腎炎(IgA腎症) 糖尿病性腎症 多発性膿胞腎 ネフローゼ症候群
脳疾患の該当基準 脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 脳卒中 脳血管障害
心疾患の障害年金該当基準 心筋症(拡張型・肥大型・拘束型)

大動脈弁膜症 僧帽弁膜症 感染性心内膜炎 人工弁 難治性不整脈 先天性心疾患 重症心不全 冠状動脈硬化症 狭心症 房室ブロック 心臓ペースメーカー(除細動器) ICD CRTーD装着

内臓疾患の該当基準  

糖尿病(糖尿病性合併症)

人工肛門(ストーマ)装着 肝硬変 多発性肝膿瘍 クローン病 潰瘍性大腸炎 人工膀胱 尿路変更

代謝疾患(糖尿病)の認定基準変更(平成28年6月1日) 基準がより明確になりました。

癌・悪性新生物の該当基準 癌(胃がん・大腸がん・乳がん・子宮がん・直腸癌・肝臓がん・肺がん・膵臓がん・白血病・悪性リンパ腫その他) 悪性新生物 悪性貧血 再生不良性貧血
眼・視覚・視力・視野の該当基準 網膜色素変性症 網膜脈絡膜萎縮 視野障害 白内障 緑内障 ブドウ膜炎 眼球萎縮 癒着性角膜白斑
耳・聴覚・聴力の該当基準 感音性難聴 メニエール病 突発性難聴 神経性難聴 内耳障害
肢体・手足の疾患の該当基準 人工関節・人工骨頭  |  線維筋痛症  |  重症筋無力症

関節リウマチ・全身性エリトマトーデス・膠原病

上下肢の離断切断 外傷性運動障害 脊髄損傷 筋ジストロフィー  パーキンソン病 変形性股関節症

呼吸器の疾患の該当基準 肺結核 じん肺 気管支喘息 慢性気管支炎 膿胸 肺線維症 気管支喘息 肺気腫 呼吸不全
その他難病などの該当基準 結節性多発動脈炎 化学物質過敏症 血友病 周期性好中球減少症 HIV 難病 悪性高血圧 高血圧性心疾患 高血圧性腎疾患 言語障害 咽頭摘出術後遺症 上下顎欠損 喉頭腫瘍 喉頭全摘出手術 失語症 外傷性鼻科疾患

障害年金の相談窓口のご案内

障害年金の申請を忘れていませんか?

障害年金は、精神疾患・脳梗塞・肢体疾患・腎疾患・人工透析・癌といったさまざまな病気や怪我で受給できる可能性があります。

障害年金の申請というと、もの凄く重症な怪我や病気をお考えでしょうか?

実は障害年金の対象となるのは、病気や怪我を原因とし、働くこと又は日常生活が制限される方が対象です

身体の障害はもちろんですが、うつ病などの精神疾患での障害年金も急増しています。

障害年金の制度自体をご存じない方も多いですし、残念ながら制度がかなり複雑です。

初診日が古いと、カルテ自体がなかったり病院が廃業していたりするケースも少なくありません。

障害年金を受給して生活の安心を

ネットの情報だけでは、何が本当で何が嘘かわからないと思います。

情報が古かったり誤っていたりして、混乱し余計不安になってしまうのではないでしょうか。

おひとりで悩んでいないで、ぜひ障害年金の申請をお考え下さい。
受給できれば、その後の生活の安心につながっていきます。

安心の相談窓口。選ばれる10の理由

1 無料の無料個別相談

お電話・メール・ご面談等無料で障害年金の受給の相談をいたします。

2 豊富な障害年金の受給実績

経験6年以上、年平均300件以上のご相談に対応。累計請求件数350件以上、受給率は97.4%となります(平成29年3月現在)。

事例は受給事例で掲載し、使い回しではなく全て実際に申請したものです(個人情報に配慮し、掲載していないものや少し内容を変えているものがあります)。

当事務所で請求した、おおまかな障害別一覧

傷病別の申請受給内訳

3 女性の専門社労士が最初から最後まで全て対応

初回の相談から裁定請求まで、一貫して専門の女性社会保険労務士が丁寧に対応

専門の社会保険労務士

対応は相談時だけで後は事務員任せになり、電話をするたびに担当が変わって最初から説明したり、スタッフがちんぷんかんぷんでよくわからなかったりということは決してありません。受給できるかどうかは一生の問題です。私が全て対応します!!

4 年金の対応歴が豊富

事務所所長は、数年前世間を騒がせた「消えた年金問題」の際、総務省の年金記録調査員として嘱託を受けており、年金行政関係について豊富な知識があります。

5 アクセス抜群

事務所は東京都中央区日本橋兜町。日本橋駅、茅場町駅、八丁堀駅、京橋駅や東京駅も徒歩圏内。

6 外出が難しい場合、出張訪問相談

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県は出張訪問相談もいたします。

7 全国対応しております

地方にお住まいで、専門家がいなくて困っているという声を多く聞きますが、メールやfax、郵送のやりとりで請求も可能です。

8 ご依頼者に負担のない進行の心がけ

ご依頼者様が迷われないよう、状況に合わせてちょうどいいタイミングで次の工程のアドバイスをさせて頂きます。

ご自身が年金事務所へ足を運んでいただく必要はなく、必要書類の入手から、請求後の年金事務所の対応もすべて対応いたします。

9 審査請求・再審査請求最後までサポート

他の社労士さんはあまり行われておりません。障害年金の請求はほぼ一発勝負ですが、審査結果に納得がいかない場合に行う不服申し立ては追加料金をいただかず、引き続き最後までサポートします。

10 豊富な情報発信

当サイトの情報量は350ページを超えており、日々更新しています。

ひとつだけご容赦下さい

お話ししてきたようにスタッフや事務員任せではなく、かかりつけ医のような安心を届けたいと思い、全ての請求を私自身がしております(スタッフはおりますが、重要な書類は全て私が目を通し確認します)。

そのため、受任できる件数に限りがあり、面談を一定期間お断りする場合もございます。1人1人丁寧にサポートする為、何卒ご理解ください。

障害年金の申請と受給のため無料相談実施中

障害年金の申請や受給のために無料相談実施中。受給事例も多数掲載。精神障害者年金・人工透析・人工関節・ペースメーカー・癌 等。障害年金の申請はまずお電話かメールにて、お悩みごとをご相談下さい。東京都|神奈川|埼玉|千葉県から全国対応。 03-6661-7563

障害年金の申請と受給の無料相談

このページの先頭へ